カテゴリー別アーカイブ: 視力回復の食べ物

img_vb

視力回復にいい「ビタミンB12」を含む食べ物

●視力回復にいい「ビタミンB12」を含む食べ物

「ビタミンB12」が、視力回復にいいと言われる理由は、その眼底にたくさんある毛細血管に酸素と栄養を送るためです。

ビタミンB12というのは、造血にかかわるビタミンで貧血などを起こさないために必要です。

つまり、目だけにいいのではなく、血液ですから体全体にとってとても重要なビタミンです。

そういう意味では、目というのは、繊細な機能を持つことから、体の異常が出やすい場所ともいえます。

眼の周りの血液の流れが以下に視力回復などに影響を与えるかは、高校生にでも感覚的に分かることかもしれません。

ところで、この視力回復にいいビタミンB12は、赤い結晶であるため赤いビタミンと呼ばれているそうです。

赤くて、造血にかかわるなんて何とも分かりやすいビタミンです。

ただ、眼にいいからと入って、ビタミンB12をサプリメントで摂取するかどうかは別の問題です。

それは、普通の食生活をしている限りにおいてビタミンB12については不足することが少ないからです。

ただし、例外があります。

胃がんなどで胃の手術をした人です。

また、ご高齢の方は不足するようです。また、妊娠および授乳期間の女性も不足がちのようです。

加えて、ベジタリアンの方々も不足しがちになります。

これは、ビタミンB12がレバーや魚介類に多く含まれるからです。

つまり、完全ベジタリアンでなく魚を食べる方の場合は問題なさそうですね。

ビタミンB12は、神経伝達の機能にも大きくかかわっているため、まさに視力回復にとってはとても重要なビタミンです。

いろいろな視力回復に必要な栄養素がありますが、レバーというのはそういう意味ではほとんどの栄養素を含んでいる万能食材ですね。

a0001_012486

視力回復の食べ物

●視力回復の食べ物
視力回復にいい食べ物とは、眼にいい栄養素を豊富に含む食べ物といえます。

つまり、視力回復に効果があると考えられる栄養素は、ルテイン、アントシアニン、ビタミンA、タウリン、DHAなどになります。

どれも聞いたことのある栄養素ばかりで、ほとんどがサプリメントとして市場に出回っています。

そして、栄養素に注目すると、ついついサプリメントで補給しようと考えがちですが、サプリメントとは文字通り補助食品です。

本来の食事に力を入れることなしに、サプリメントを使った栄養素の補助は意味がありません。

まずは、1日3回の食事にこれらの栄養素をしっかり含むメニューにすることが重要です。

これらの栄養素を含む食材をあげてみると、眼に良いという以前に体にいい食材であることが分かります。

たとえば、ルテインであれば、青汁の原料となるケールなどに豊富に含まれます。

アントシアニンは、言わずと知れた眼にいい食材の代名詞ともいえるブルーベリーです。

ビタミンAは、どちらかというとベータカロテンから取るという意味では、緑黄色野菜全般です。

タウリンは、魚介類に多く含まれタコがダントツに有名です。

DHAも相当有名ですが、これは青魚に多く含まれます。

ざっくり言えば、魚介類でタンパク質を摂って、緑黄色野菜を食べて、ブルーベリーなどのフルーツを食べるということです。

聞いただけでも健康的な食事のメニューの完成です。

つまり、これらは生活習慣病対策の食材であったり、活性酸素を増やさない食材であったり、昨今の健康ブームの題材になっている食べ物ばかりです。

つまり、食生活を見直して食べ物を変えていけば自然と視力回復に効果のあるメニューとなる訳です。