カテゴリー別アーカイブ: アントシアニンの摂り方

MaryGold-300x239

アントシアニンを含む食べ物をおいしく摂る(2)

●アントシアニンを含む食べ物をおいしく摂る(2)

視力回復にいい食べ物であるアントシアニンを多く含む野菜は、色が青紫色っぽいものです。

たとえば、なすですが、なすの料理レシピに困る日本人はあまりいないですね。

サラダに使える、赤玉ねぎ、赤キャベツなども特にひねった食べ方をする必要もないでしょう。

スーパーで見つけたらな、そのまま買ってきて刻んでドレッシングで食べるだけです。

紫サツマイモというのも、これもそのままふかして食べるのがベストのような気がします。

ところで、黒大豆という食材があります。

おせち料理ぐらいにしか登場しないこの黒大豆ですが、視力回復のアントシアニンはもちろんお豆ということで栄養たっぷりです。

乾燥した黒大豆として入手することになる黒大豆ですが、これはいろいろとレシピがあったほうが体がよろこびそうです。

一般的には、ふっくら煮と呼ばれるおせち料理系のレシピです。

ポイントは、手間をかけることなのですが、鉄クギや重曹などといっしょに一晩寝かして、じっくり煮るという点ですね。

変わったところでは、コーンの代わりに黒豆を使ってポタージュにしたり、デザートとしてシロップをかけて食べる食べ方もあります。

いずれにしても、黒豆は時間をかけてふっくらと煮込んでおく必要があるのが手間がかかります。

ただ、日頃から食べると視力回復だけでなく、健康全般にもいい食材ですね。

また、アントシアニンは、アルコールとの相性がいいので積極的に利用すると、さらに視力回復効果が高まりそうです。

MaryGold-300x239

アントシアニンを含む食べ物をおいしく摂る(1)

●アントシアニンを含む食べ物をおいしく摂る(1)

アントシアニンといえば、ビルベリーやブルーベリーです。

含有用だけを考えればビルベリーを食べたいところですが、ビルベリーは、フレッシュなものを日本で手に入れるのは困難で、視力回復サプリとして売っているサプリで摂るしかありません。

もちろん、サプリメントとして摂ってもいいのですが、時にはサプリ以外のものも食べたいです。

そこで、スーパーでも手に入るブルーベリーのおいしい食べ方をご紹介します。

ブルーベリーといえば、料理というほどではないですが、ヨーグルトと一緒に食べるのが手軽ですし、大量に食べることもできます。

生だとレパートリーが少ないですが、感想ブルーベリーだとレシピが広がり、かつ乾燥はアントシアニンが3倍も含まれるというからより視力回復には有効です。

甘酸っぱい中華料理、たとえば酢豚に混ぜるのが手軽な使い方です。

ちょっと、凝る場合は、ワインビネーを使ったドレッシングに入れてマリネに使うのがオシャレです。

基本的には、レーズンの代わりに使える食材です。

カレーライスのライスをレーズンライスならぬ、乾燥ブルーベリーライスにして、視力回復カレーにすることもできます。

もちろん、料理しなくても市販のブルーベリージャムとプレーンヨーグルトという手もありますね。

ジャムを選ぶ場合は、混ざり物のすくないブルーベリー含有量の多いジャムを選びたいところです。