カテゴリー別アーカイブ: 目にいい栄養素まとめ

27PHAF08

目にいい栄養素の働きと食品(2)

目にいい栄養素の働きと食品(2)

マグネシウムは、眼球の血液循環を一定に保ってくれる働きがあります。網膜の資格色素を守る働きもあります。

含まれている食品には、昆布、のり、豆類、玄米、アーモンド、カシューナッツなどがあります。

亜鉛は、網膜を構成成分になります。マグネシウムが不足することで黄斑変性症を起こす原因とも言われています。

含まれる食品は、かき、ほたて、うなぎ、いわし、きなこ、カシューナッツなどがあります。

セレンは、ビタミンEと一緒に摂ることで活性酸素から目の細胞を守ってくれる働きがあります。

食品は、しらす、かれい、わかさぎ、金目鯛、ねぎ、玄米などです。

アスタキサンチンは、目の神経に働きかけて眼精疲労を回復させてくれる効果があります。

食品は、さけ、いくら、かに、エビ、キンメダイなどです。(オレンジ色を持つ食品です)

ルテインは、水晶体や網膜の酸化防止をするとても有名な栄養素です。

紫外線のダメージから目を守り、目の病気である白内障、飛蚊症、黄斑変性症を予防してくれる目の栄養素のスーパースターともいえます。

含まれている食品は、ブロッコリー、ほうれん草、ケールなど青汁の原料になりそうな野菜です。

アントシアンは、眼精疲労を抑制して回復までしてくれる栄養素です。また、近視の進行を防ぐ働きがあるともいわれています。

含まれている食品は、ブルーベリー、カシスなどです。

タウリンは、紫外線から目を守ってくれる働きがあり、基本的な目の健康を保つ栄養素です。

食品は、タコや貝類です。

DHAは、神経の発達および維持を促すため神経の固まりである目には有効です。

含まれる食品は、あじ、いわし、さけ、さば、さんま、ししゃも、にしん、はも、めざしなどお魚です。

MaryGold-300x239

目にいい栄養素の働きと食品(1)

目にいい栄養素の働きと食品(1)

ビタミンAには、抗酸化力があり、目の細胞や網膜の新陳代謝を促します。

含まれている食品には、うなぎ、あん肝、シソ、パセリ、にんじんなどがあります。

ビタミンB1は、目から脳に通じる神経の伝達をスムーズに保ちます。

含まれている食品には、うなぎ、ごま、かき、大豆、玄米、ピーナッツなどがあります。豆類が多いですね。

ビタミンB2は、網膜や粘膜を保護し、目の細胞の再生を促します。充血や疲れ目の解消にも役立ちます。

食品は、うなぎ、いわし、さば、シジミ、納豆、アーモンドなどです。青魚に多いようです。

ビタミンB6は、タンパク質の吸収を助けて免疫力を上げてくれます。

含まれる食品は、にんにく、小麦胚芽、マグロ、ぎんなん、ごま、クルミなどです。

ビタミンB12は、視神経の働きを活性化させます。

食品は、ます、さけ、マグロ、あさり、かきなど、魚介類になります。

ビタミンCは、水晶体の酸化を防止し、透明度を保ち白内障を予防します。

含まれる食品は、ブロッコリー、小松菜、キャベツ、さつまいも、いちご、キウイなどです。

ビタミンEは、血行を促進し、目の老化を防止してくれます。眼精疲労やドライアイにならないようにもしてくれます。

含まれる食品は、うなぎ、えび、いか、ツナ缶、かぼちゃ、ほうれん草、アーモンドなどです。

ベータカロテンは、抗酸化作用があり、目の細胞や粘膜の新陳代謝を促します。

含まれている食品は、にら、にんじん、みつば、モロヘイヤ、あんず、スイカ、びわなどです。

カルシウムは、眼球の奥にある強膜の機能を保持してくれます。

含まれている食品には、大豆製品、小魚、海草類、緑黄色野菜などがあります。

後半の(2)に続きますが、基本的に目によく視力回復が期待できる栄養素はナッツ系(アーモンドなど)に多いようです。