カテゴリー別アーカイブ: サプリメント

視力回復のサプリメントとしてのルテイン

ルテインは、眼の健康全般に必要な栄養素です。

足りなくなると、白内障、飛蚊症、黄斑変性症などの危険があります。

ルテインは、健康的な食事を考えた場合に必ず登場する、主に緑黄色野菜に多く含まれます。

ほうれん草やケールなど、青汁の原料となる野菜に多く含まれます。

これらは、ガンなどの予防にいいと言われる食べ物である、抗酸化力といわれる能力を引き上げてくれるのです。

眼の健康にも、この抗酸化力が効果を発揮することが分かっているようで、ルテインがいいと言われるようです。

基本的な栄養としてルテインは必要なのですが、積極的に摂ることで効果が期待できるのが黄斑への効果です。

黄斑とは、眼の網膜にある部分で、人は何かを見る際に広い網膜の一部であるこの黄斑を使って見ると言われています。

もっともよく見える部分とも言われて、1点に焦点を合わしている場合はこの部分に光を当てているそうです。

逆に言うと、その周りの視界はぼけているわけです。

もし、この黄斑がちゃんと機能していないと視力は落ちるわけです。

そして、黄斑は活性酸素などから害を受けやすいと言われています。

ルテインは、この黄斑が活性酸素によって害を受けるのを防ぐ効果をもちます。

そのため、ルテインを摂ると視力回復に効果があると言われるわけです。

ルテインは、活性酸素から体を守るために、日常から緑黄色野菜などで積極的に摂るべきですが、より視力回復のために摂る場合は、サプリメントで追加するといいでしょう。

イチョウ葉エキスで視力回復

目の筋肉にはビタミンAが必須栄養素と言われています。

ビタミンAは、ベータカロテンが体で合成されて作られるのでベータカロテンを豊富に含むにんじんから摂るのが基本です。

もちろん、他の緑黄色野菜にも含まれますが、やはりにんじんがベストでしょう。

ただ、ビタミンAを直接摂る方法があって、それが昔ながらの肝油なのです。

ただ、肝油、一般的になっている河合製薬の肝油は一日の摂取料が決まっています。

ビタミンAは摂りすぎは体にはよくないので本来は、ビタミンAのサプリメントで摂るのはあまりオススメではありません。

ただ、視力回復を必要とする目の悪い人のように確実に必要となる場合は、やはりサプリメントの力を借りるのも一つの手です。

事実、ビタミンAは卵4個分必要で日本人はほとんど不足気味という説もありますから、卵で摂るのは非現実的です。

ちなみに、ビタミンAの摂りすぎがよくない理由は、油溶性でビタミンあるためムダな分が水と一緒に体外に排出されずに肝臓などに蓄積され副作用を起こすからです。

ところで、肝油とは本来は、サメやエイなどの肝臓に含まれる液体ですが、市販されて有名な河合製薬の肝油は合成ものです。

戦争後に学校や幼稚園で栄養補助食品として使われてきた肝油ですが、今更ながら目の健康にはいいことが体感的に分かります。

これは、目が疲れやすい人やドライアイ気味の人が特に感じる効能のようです。

視力回復するサプリメントではありませんが、ベースとなる目の健全性を保つには使えるサプリメントですね。

昔ながらのサプリメント肝油

目の筋肉にはビタミンAが必須栄養素と言われています。

ビタミンAは、ベータカロテンが体で合成されて作られるのでベータカロテンを豊富に含むにんじんから摂るのが基本です。

もちろん、他の緑黄色野菜にも含まれますが、やはりにんじんがベストでしょう。

ただ、ビタミンAを直接摂る方法があって、それが昔ながらの肝油なのです。

ただ、肝油、一般的になっている河合製薬の肝油は一日の摂取料が決まっています。

ビタミンAは摂りすぎは体にはよくないので本来は、ビタミンAのサプリメントで摂るのはあまりオススメではありません。

ただ、視力回復を必要とする目の悪い人のように確実に必要となる場合は、やはりサプリメントの力を借りるのも一つの手です。

事実、ビタミンAは卵4個分必要で日本人はほとんど不足気味という説もありますから、卵で摂るのは非現実的です。

ちなみに、ビタミンAの摂りすぎがよくない理由は、油溶性でビタミンあるためムダな分が水と一緒に体外に排出されずに肝臓などに蓄積され副作用を起こすからです。

ところで、肝油とは本来は、サメやエイなどの肝臓に含まれる液体ですが、市販されて有名な河合製薬の肝油は合成ものです。

戦争後に学校や幼稚園で栄養補助食品として使われてきた肝油ですが、今更ながら目の健康にはいいことが体感的に分かります。

これは、目が疲れやすい人やドライアイ気味の人が特に感じる効能のようです。

視力回復するサプリメントではありませんが、ベースとなる目の健全性を保つには使えるサプリメントですね。

視力回復サプリメントの亜鉛は不要

視力回復に亜鉛がいいという話が時々あります。

ただ、日本人の食生活において亜鉛は極端な偏食をしない限りは不足していないミネラルだそうです。

つまり、亜鉛を視力回復のために摂るように薦めているのはちょっとおかしいということになります。

こういった話は、人の弱みにつけ込んだ業界には非常に多くあります。

亜鉛を視力回復のために過剰に摂取すると、逆に亜鉛の過剰摂取による害が出る可能性があります。

サプリメントで亜鉛を摂るのはやめたほうがいいような気がします。

そもそも、なぜ視力回復と亜鉛が結び付けられているかという話ですが、それはひとつは黄斑部です。

眼の網膜にある黄斑部(おうはんぶ)にたくさんの亜鉛が含まれていることが分かっているからだそうです。

もちろん、亜鉛だけで黄斑部がよくなる訳ではなく、他に各種ビタミンの力が必要なのは言うまでもありません。

また、高齢者の失明の原因として亜鉛不足を主張する医者がいることもその理由です。

網膜の血液循環が悪くなって、必要ない毛細血管がたくさん出ることで加齢黄斑変性症になるのが失明に至るメカニズムのようです。

亜鉛というのは、血中のビタミンAの量を適度の保つためにも使われているそうで、ビタミンAが視力に重要なビタミンであるから関係があります。

ただ、高齢者の亜鉛不足は、その食生活の変化によるものが大きいようです。

亜鉛不足になるほど食生活が変わってしまうことは、体に別の問題があって食欲の減退を起こしている可能性が否定できません。

つまり、普通に食欲が衰えない生活している場合においては、加齢による心配もさほどないのかもしれません。

もちろん、亜鉛不足が高齢時の失明の原因になるという知識だけは持っていたほうがいいでしょう。