カテゴリー別アーカイブ: 視力回復のビタミンA

v2

ビタミンAを含む食べ物をおいしく摂る(2)

●ビタミンAを含む食べ物をおいしく摂る(2)

視力回復にいい栄養素としてのビタミンAですが、摂りすぎの危険があるため直接摂らずにベータカロテンからの摂取がオススメです。

ベータカロテンを摂っていれば、体内で必要に応じてビタミンAとして合成されるので直接摂る必要はありません。

ベータカロテンが摂れる食材としては緑黄色野菜が圧倒的に有名ですが、日本人が古来から摂ってきた食材にも豊富に含まれています。

それは、わかめ、ひじき、のり、などの海草です。

これらの海草類は、いわゆる乾物と呼ばれる食材でもあるため家庭にストックしておいて料理することができます。

また、のりなどは主食であるごはんといっしょに食べることができるので特に料理の必要もありません。

トッピングに工夫すればいろいろな料理に使えますので便利な視力回復にも効果的なベータカロテン摂取源です。

視力についてはどうかわかりませんが、韓国の女性がきれいなのは、ごま油を塗った韓国のりの効果のおかげという話もあるぐらいです。

ベータカロテンは、油との相性がいいので油揚げといっしょに炒めて作るひじきの煮物などは吸収率も抜群です。

そもそもは火の通りをよくするために煮る前に油で炒めるのですが結果的にベータカロテンを吸収しやすくする効果があるのです。

わかめも味噌汁の具として食べれば十分ですが、油と合わせようとすればサラダにしてドレッシングという方法もあります。

ただ、海草類は生で食べるのがおいしいですから、視力回復のことは考えずに無理に油と合わせる必要もないかもしれません。

v2

ビタミンAを含む食べ物をおいしく摂る(1)

●ビタミンAを含む食べ物をおいしく摂る(1)

視力回復に有効なビタミンAですが、このビタミンを豊富に含む食べ物は日常的に大量に摂れる食材ではありません。

具体的には、レバー類、卵ですが、これらはカロリーが高く摂りすぎによる悪玉コレステロールの増加などの弊害が大きすぎるからです。

魚介類の場合は、うなぎ、あん肝やホタルイカということで高価な食材になります。

一方で、ビタミンAは、体内でベータカロテンから合成されますので、体に害のないベータカロテンを積極的に摂る方が経済的にも、視力回復のためにも理にかなっています。

まずは、ベータカロテンと言えばまずは緑黄色野菜です。

カボチャ、ブロッコリー、にんじんなど色の濃い野菜はすべてベータカロテンが豊富に含まれています。

ベーターカロテンは油との相性がいいので、フライパンを使った料理が視力回復のためには効果的です。

カボチャやにんじんはフライパン料理では火が通りにくいので薄く切って調理するといいでしょう。

もちろん、フライパンではなく温野菜にするのも緑黄色野菜は料理法として相性がいいです。

温野菜にして、オリーブオイルを使ったドレッシングなどと合わせるのもおいしく食べられる方法です。

ところで、視力回復のためはもちろん、食事を使った健康法のポイントとしては、使う食材の旬に従うことです。

たとえば、ほうれん草は冬野菜ですが、一年中スーパーに出回っているため勘違いしてしまいます。

ほうれん草は夏場に育っても栄養素が本来ほど含まれないため、やはり冬に育ったほうれん草の方がベータカロテンのことを考えてもいいのです。

ブロッコリーやほうれん草は冬、カボチャやインゲンは夏という風に、旬の野菜を使ってベータカロテンを使った視力回復の食事を取りたいところです。

v2

視力回復にいい「ビタミンA」を含む食べ物

●視力回復にいい「ビタミンA」を含む食べ物

ビタミンAが視力回復にいい理由は、粘膜に働きかけることがその理由です。

ただ、ビタミンAは取り過ぎると副作用の危険があります。

そのため、サプリメントでのビタミンA補給よりも、ベータカロテンの利用をお薦めします。

ベータカロテンは、体内でビタミンAとして合成されるのですが、必要な分しか合成されないため副作用の心配がありません。

ただ、これはあくまでサプリメントでビタミンAを摂る場合の話であって、食べ物で摂る場合は摂りすぎを心配することはまずないでしょう。

なぜなら、ビタミンAを多く含む食べ物の食べ過ぎは考えにくいです。

以下が、ビタミンAを多く含む食べ物です。

例としては、レバー(とり、豚)、あん肝、ホタルイカ、うなぎ、卵などです。

ビタミンAの副作用に前に、別の病気になることが分かるはずです。

そういった意味でも、これらの食べ物は、たまに食べる分には問題ありませんが、視力回復のために日常的に積極的に食べる食べ物ではありません。

健康面でも、イマイチお勧めできません。

そこで、やはりベータカロテンを含む食べ物の方をお薦めします。

例としては、しそ、モロヘイヤ、緑黄色野菜(カボチャ、ブロッコリー、人参、など)、海藻(わかめ、ひじき、のり、など)、抹茶、などです。

ベータカロテンは、熱に強く、油との相性がいいので、これらの食べ物は料理に向いているので視力回復のために使いやすいといえます。

ビタミンAの話に戻りますが、多く含まれる食べ物を見ると分かりますが、動物の肝臓に多く含まれるのです。

人間もベータカロテンをビタミンAに合成して肝臓に蓄積します。