27PHAF08

目にいい栄養素の働きと食品(2)

目にいい栄養素の働きと食品(2)

マグネシウムは、眼球の血液循環を一定に保ってくれる働きがあります。網膜の資格色素を守る働きもあります。

含まれている食品には、昆布、のり、豆類、玄米、アーモンド、カシューナッツなどがあります。

亜鉛は、網膜を構成成分になります。マグネシウムが不足することで黄斑変性症を起こす原因とも言われています。

含まれる食品は、かき、ほたて、うなぎ、いわし、きなこ、カシューナッツなどがあります。

セレンは、ビタミンEと一緒に摂ることで活性酸素から目の細胞を守ってくれる働きがあります。

食品は、しらす、かれい、わかさぎ、金目鯛、ねぎ、玄米などです。

アスタキサンチンは、目の神経に働きかけて眼精疲労を回復させてくれる効果があります。

食品は、さけ、いくら、かに、エビ、キンメダイなどです。(オレンジ色を持つ食品です)

ルテインは、水晶体や網膜の酸化防止をするとても有名な栄養素です。

紫外線のダメージから目を守り、目の病気である白内障、飛蚊症、黄斑変性症を予防してくれる目の栄養素のスーパースターともいえます。

含まれている食品は、ブロッコリー、ほうれん草、ケールなど青汁の原料になりそうな野菜です。

アントシアンは、眼精疲労を抑制して回復までしてくれる栄養素です。また、近視の進行を防ぐ働きがあるともいわれています。

含まれている食品は、ブルーベリー、カシスなどです。

タウリンは、紫外線から目を守ってくれる働きがあり、基本的な目の健康を保つ栄養素です。

食品は、タコや貝類です。

DHAは、神経の発達および維持を促すため神経の固まりである目には有効です。

含まれる食品は、あじ、いわし、さけ、さば、さんま、ししゃも、にしん、はも、めざしなどお魚です。

こんな間違った常識で悩んでいませんか?

offer-bnr-01