視力回復のサプリメントとしてのアントシアニン

ブルーベリー、ビルベリーなどの含まれるアントシアニンという成分は、視力の回復に役立ちます。

周りが暗くなったり、暗い場所に行くと目が見えにくくなる場合があります。

暗い場所での視力は、網膜にあるロドプシンという色素体が再合成されることで得られるそうです。

このロドプシンは、光の刺激を受けるたびに再合成されては分解されています。

もし、暗い場所で視力が落ちたと感じた場合は、この再合成がうまくいっていないことになります。

ブルーベリーなどに含まれるアントシアニンに含まれる色素は、このロドプシンの再合成を活発にするそうです。

そのため、視力回復に効果があると言われます。

また、その効果が謳われる理由の一つに、アントシアニンの即効性があります。

つまり、ブルーベリーなどのアントシアニンを摂ると、数時間後には視力回復を感じることができるからなのです。

ただ、1日程度で体内からは消えて、アントシアニンは体内に蓄積できないため、毎日摂取する必要があるそうです。

ちなみに、アントシアニンでは、ブルーベリーなどの”ベリー”がつく果物が有名ですが、含有量としてはカシスが抜けているそうです。

また、アントシアニンにも種類があって、カシスに含まれるアントシアニンは、最も抗酸化力を持っているそうです。

ただ、市場で売られているサプリメントは、ほとんどがベリー系であって、カシス系はルテインと一緒になって売られているぐらいで少数派になります。

参考としては、アントシアニンをたくさん含む食べ物としては、黒や紫のものが多いようです。

黒豆、なす、アメリカンチェリー、紫芋、桃など