白内障を防ぐサプリメント

白内障というのは目の部位の水晶体が白く濁る病気です。

白く濁るのは、タンパク質が変成することが原因のようです。

見にくくなるため階段を踏み外したり、交通事故にあったりするので非常に危険な状態になります。

困ったことに白内障は老化と共に発生頻度が高まるため、60歳を超えると2人に1人ぐらいが症状の差こそあれなっているそうです。

白内障は、メガネなどで視力回復することができず、視力回復は難しいといわれています。

もちろん、白内障の症状が軽くなったりすることはあるでしょうが基本は年々見にくくなっていく病気です。

本当に見えなくなってしまった場合は、視力回復の手法としては水晶体を手術によって人口レンズに変えるしかありません。

そうならないように、日頃から白内障を防ぐようなサプリメントについても考慮しておいた方がいいかもしれません。

白内障を防ぐのにいいと言われるのは、酸化を防ぐ抗酸化効果のあるサプリメントです。

酸化防止の栄養素といえばベータカロテンです。

ベータカロテンは、緑黄色野菜に多く含まれていてガンの防止などにも効果的と言われています。

そういう意味ではタンパク質の変成というのは、ある意味細胞のがん化に似ている点があるのかもしれません。

本来は食事からベータカロテンを取れればいいのですが、ベータカロテンはサプリメントでも効率よく摂取できる栄養素です。

外食などが多い方もいらっしゃるでしょうから、足りないと感じたときは視力回復のサプリメントとしてベータカロテンの摂取がいいでしょう。