MaryGold-300x239

アントシアニンを含む食べ物をおいしく摂る(2)

●アントシアニンを含む食べ物をおいしく摂る(2)

視力回復にいい食べ物であるアントシアニンを多く含む野菜は、色が青紫色っぽいものです。

たとえば、なすですが、なすの料理レシピに困る日本人はあまりいないですね。

サラダに使える、赤玉ねぎ、赤キャベツなども特にひねった食べ方をする必要もないでしょう。

スーパーで見つけたらな、そのまま買ってきて刻んでドレッシングで食べるだけです。

紫サツマイモというのも、これもそのままふかして食べるのがベストのような気がします。

ところで、黒大豆という食材があります。

おせち料理ぐらいにしか登場しないこの黒大豆ですが、視力回復のアントシアニンはもちろんお豆ということで栄養たっぷりです。

乾燥した黒大豆として入手することになる黒大豆ですが、これはいろいろとレシピがあったほうが体がよろこびそうです。

一般的には、ふっくら煮と呼ばれるおせち料理系のレシピです。

ポイントは、手間をかけることなのですが、鉄クギや重曹などといっしょに一晩寝かして、じっくり煮るという点ですね。

変わったところでは、コーンの代わりに黒豆を使ってポタージュにしたり、デザートとしてシロップをかけて食べる食べ方もあります。

いずれにしても、黒豆は時間をかけてふっくらと煮込んでおく必要があるのが手間がかかります。

ただ、日頃から食べると視力回復だけでなく、健康全般にもいい食材ですね。

また、アントシアニンは、アルコールとの相性がいいので積極的に利用すると、さらに視力回復効果が高まりそうです。

MaryGold-300x239

アントシアニンを含む食べ物をおいしく摂る(1)

●アントシアニンを含む食べ物をおいしく摂る(1)

アントシアニンといえば、ビルベリーやブルーベリーです。

含有用だけを考えればビルベリーを食べたいところですが、ビルベリーは、フレッシュなものを日本で手に入れるのは困難で、視力回復サプリとして売っているサプリで摂るしかありません。

もちろん、サプリメントとして摂ってもいいのですが、時にはサプリ以外のものも食べたいです。

そこで、スーパーでも手に入るブルーベリーのおいしい食べ方をご紹介します。

ブルーベリーといえば、料理というほどではないですが、ヨーグルトと一緒に食べるのが手軽ですし、大量に食べることもできます。

生だとレパートリーが少ないですが、感想ブルーベリーだとレシピが広がり、かつ乾燥はアントシアニンが3倍も含まれるというからより視力回復には有効です。

甘酸っぱい中華料理、たとえば酢豚に混ぜるのが手軽な使い方です。

ちょっと、凝る場合は、ワインビネーを使ったドレッシングに入れてマリネに使うのがオシャレです。

基本的には、レーズンの代わりに使える食材です。

カレーライスのライスをレーズンライスならぬ、乾燥ブルーベリーライスにして、視力回復カレーにすることもできます。

もちろん、料理しなくても市販のブルーベリージャムとプレーンヨーグルトという手もありますね。

ジャムを選ぶ場合は、混ざり物のすくないブルーベリー含有量の多いジャムを選びたいところです。

27PHAF08

ルテインを含む食べ物をおいしく摂る(2)

●ルテインを含む食べ物をおいしく摂る(2)

緑黄色野菜である、ケール、ほうれん草、インゲン、カボチャなどは、視力回復にいいルテインを多く含む食材です。

これらの料理は、料理の仕方としても油との相性がいいのですが、栄養素の吸収率の面からも油で料理した方がいいと言われています。

油は体に悪いと言われていますが、それは摂り過ぎに問題があるというだけであって、緑黄色野菜を炒める分には問題はありません。

また、油の中でも健康にいいといわれているオリーブオイルは、こういったルテインたっぷりの緑黄色野菜との相性も抜群です。

また、ケールなどは炒めなくてもサラダのドレッシングとしても使えるため料理のレパートリーは広がります。

基本的に野菜は熱を加えると各種ビタミン、ミネラルが壊れるといわれています。

それ以外の面でも生で食べたほうがいいという説もあります。

ただ、ある程度の量を食べようと思った場合は、軽く火を通して温野菜気味にした方が食べやすいのは明白です。

何事もそうですが、続けないと意味がないわけですから、いつも食べにくい生野菜を根性で食べていても続けるのに苦痛を伴います。

ただ、視力回復にいいといわれるルテインは、熱に強い栄養素であるため料理の際の躊躇は不要のようです。

美味しく食べられる調理法であれば、ルテインをとり逃すことはなさそうですので積極的に好きな料理をしたいところです。

27PHAF08

ルテインを含む食べ物をおいしく摂る(1)

●ルテインを含む食べ物をおいしく摂る(1)

視力回復にいいルテインを含む食べ物としては、ケール、ほうれん草、インゲン、カボチャなどがあるとご紹介しました。

要するに緑黄色野菜というやつですね。

それでは、こういった緑黄色野菜を効果的に摂取するにはどうすればいいのでしょうか?

実は、野菜を食べてその栄養素を効果的に吸収するための基本というのがあります。

それは、同じ視力回復にいいと言われてる野菜でも”季節”の野菜を食べるということです。

全く効果がないという話ではないでしょうが、夏場にほうれん草を食べても冬場のほうれん草ほど栄養が含まれていないという話があります。

つまり、同じ野菜でも夏に食べるのであれば、夏野菜であるインゲンやカボチャの方がいいということです。

これには、理由があります。

ほうれん草が分かりやすいので例として出します。

ほうれん草は、夏場に栽培すると冬場の何倍ものスピードで大きくなります。

ところが本来のほうれん草の育ち方は、冬場の弱い太陽の元でゆっくりと育つ野菜なのです。

このゆっくりとした育ち方が視力回復にいい成分も含んだ、ほうれん草としての栄養素をたっぷり含んだ野菜に育つ過程なのです。

逆も同じで、夏場の強い紫外線を含む日差しで育てるべき野菜を冬場に育ててもあまりいいものができそうにありません。

今の時代はスーパーに行けばどの季節の野菜も並んでいますから季節感がなくなっています。

まずは、野菜の季節感を取り戻すことから始めるのが、視力回復にいい野菜の栄養を丸ごと取り込むポイントになるかもしれません。

img_vb

視力回復にいい「ビタミンB12」を含む食べ物

●視力回復にいい「ビタミンB12」を含む食べ物

「ビタミンB12」が、視力回復にいいと言われる理由は、その眼底にたくさんある毛細血管に酸素と栄養を送るためです。

ビタミンB12というのは、造血にかかわるビタミンで貧血などを起こさないために必要です。

つまり、目だけにいいのではなく、血液ですから体全体にとってとても重要なビタミンです。

そういう意味では、目というのは、繊細な機能を持つことから、体の異常が出やすい場所ともいえます。

眼の周りの血液の流れが以下に視力回復などに影響を与えるかは、高校生にでも感覚的に分かることかもしれません。

ところで、この視力回復にいいビタミンB12は、赤い結晶であるため赤いビタミンと呼ばれているそうです。

赤くて、造血にかかわるなんて何とも分かりやすいビタミンです。

ただ、眼にいいからと入って、ビタミンB12をサプリメントで摂取するかどうかは別の問題です。

それは、普通の食生活をしている限りにおいてビタミンB12については不足することが少ないからです。

ただし、例外があります。

胃がんなどで胃の手術をした人です。

また、ご高齢の方は不足するようです。また、妊娠および授乳期間の女性も不足がちのようです。

加えて、ベジタリアンの方々も不足しがちになります。

これは、ビタミンB12がレバーや魚介類に多く含まれるからです。

つまり、完全ベジタリアンでなく魚を食べる方の場合は問題なさそうですね。

ビタミンB12は、神経伝達の機能にも大きくかかわっているため、まさに視力回復にとってはとても重要なビタミンです。

いろいろな視力回復に必要な栄養素がありますが、レバーというのはそういう意味ではほとんどの栄養素を含んでいる万能食材ですね。

視力回復のサプリメントとしてのルテイン

ルテインは、眼の健康全般に必要な栄養素です。

足りなくなると、白内障、飛蚊症、黄斑変性症などの危険があります。

ルテインは、健康的な食事を考えた場合に必ず登場する、主に緑黄色野菜に多く含まれます。

ほうれん草やケールなど、青汁の原料となる野菜に多く含まれます。

これらは、ガンなどの予防にいいと言われる食べ物である、抗酸化力といわれる能力を引き上げてくれるのです。

眼の健康にも、この抗酸化力が効果を発揮することが分かっているようで、ルテインがいいと言われるようです。

基本的な栄養としてルテインは必要なのですが、積極的に摂ることで効果が期待できるのが黄斑への効果です。

黄斑とは、眼の網膜にある部分で、人は何かを見る際に広い網膜の一部であるこの黄斑を使って見ると言われています。

もっともよく見える部分とも言われて、1点に焦点を合わしている場合はこの部分に光を当てているそうです。

逆に言うと、その周りの視界はぼけているわけです。

もし、この黄斑がちゃんと機能していないと視力は落ちるわけです。

そして、黄斑は活性酸素などから害を受けやすいと言われています。

ルテインは、この黄斑が活性酸素によって害を受けるのを防ぐ効果をもちます。

そのため、ルテインを摂ると視力回復に効果があると言われるわけです。

ルテインは、活性酸素から体を守るために、日常から緑黄色野菜などで積極的に摂るべきですが、より視力回復のために摂る場合は、サプリメントで追加するといいでしょう。

イチョウ葉エキスで視力回復

目の筋肉にはビタミンAが必須栄養素と言われています。

ビタミンAは、ベータカロテンが体で合成されて作られるのでベータカロテンを豊富に含むにんじんから摂るのが基本です。

もちろん、他の緑黄色野菜にも含まれますが、やはりにんじんがベストでしょう。

ただ、ビタミンAを直接摂る方法があって、それが昔ながらの肝油なのです。

ただ、肝油、一般的になっている河合製薬の肝油は一日の摂取料が決まっています。

ビタミンAは摂りすぎは体にはよくないので本来は、ビタミンAのサプリメントで摂るのはあまりオススメではありません。

ただ、視力回復を必要とする目の悪い人のように確実に必要となる場合は、やはりサプリメントの力を借りるのも一つの手です。

事実、ビタミンAは卵4個分必要で日本人はほとんど不足気味という説もありますから、卵で摂るのは非現実的です。

ちなみに、ビタミンAの摂りすぎがよくない理由は、油溶性でビタミンあるためムダな分が水と一緒に体外に排出されずに肝臓などに蓄積され副作用を起こすからです。

ところで、肝油とは本来は、サメやエイなどの肝臓に含まれる液体ですが、市販されて有名な河合製薬の肝油は合成ものです。

戦争後に学校や幼稚園で栄養補助食品として使われてきた肝油ですが、今更ながら目の健康にはいいことが体感的に分かります。

これは、目が疲れやすい人やドライアイ気味の人が特に感じる効能のようです。

視力回復するサプリメントではありませんが、ベースとなる目の健全性を保つには使えるサプリメントですね。

昔ながらのサプリメント肝油

目の筋肉にはビタミンAが必須栄養素と言われています。

ビタミンAは、ベータカロテンが体で合成されて作られるのでベータカロテンを豊富に含むにんじんから摂るのが基本です。

もちろん、他の緑黄色野菜にも含まれますが、やはりにんじんがベストでしょう。

ただ、ビタミンAを直接摂る方法があって、それが昔ながらの肝油なのです。

ただ、肝油、一般的になっている河合製薬の肝油は一日の摂取料が決まっています。

ビタミンAは摂りすぎは体にはよくないので本来は、ビタミンAのサプリメントで摂るのはあまりオススメではありません。

ただ、視力回復を必要とする目の悪い人のように確実に必要となる場合は、やはりサプリメントの力を借りるのも一つの手です。

事実、ビタミンAは卵4個分必要で日本人はほとんど不足気味という説もありますから、卵で摂るのは非現実的です。

ちなみに、ビタミンAの摂りすぎがよくない理由は、油溶性でビタミンあるためムダな分が水と一緒に体外に排出されずに肝臓などに蓄積され副作用を起こすからです。

ところで、肝油とは本来は、サメやエイなどの肝臓に含まれる液体ですが、市販されて有名な河合製薬の肝油は合成ものです。

戦争後に学校や幼稚園で栄養補助食品として使われてきた肝油ですが、今更ながら目の健康にはいいことが体感的に分かります。

これは、目が疲れやすい人やドライアイ気味の人が特に感じる効能のようです。

視力回復するサプリメントではありませんが、ベースとなる目の健全性を保つには使えるサプリメントですね。

視力回復サプリメントの亜鉛は不要

視力回復に亜鉛がいいという話が時々あります。

ただ、日本人の食生活において亜鉛は極端な偏食をしない限りは不足していないミネラルだそうです。

つまり、亜鉛を視力回復のために摂るように薦めているのはちょっとおかしいということになります。

こういった話は、人の弱みにつけ込んだ業界には非常に多くあります。

亜鉛を視力回復のために過剰に摂取すると、逆に亜鉛の過剰摂取による害が出る可能性があります。

サプリメントで亜鉛を摂るのはやめたほうがいいような気がします。

そもそも、なぜ視力回復と亜鉛が結び付けられているかという話ですが、それはひとつは黄斑部です。

眼の網膜にある黄斑部(おうはんぶ)にたくさんの亜鉛が含まれていることが分かっているからだそうです。

もちろん、亜鉛だけで黄斑部がよくなる訳ではなく、他に各種ビタミンの力が必要なのは言うまでもありません。

また、高齢者の失明の原因として亜鉛不足を主張する医者がいることもその理由です。

網膜の血液循環が悪くなって、必要ない毛細血管がたくさん出ることで加齢黄斑変性症になるのが失明に至るメカニズムのようです。

亜鉛というのは、血中のビタミンAの量を適度の保つためにも使われているそうで、ビタミンAが視力に重要なビタミンであるから関係があります。

ただ、高齢者の亜鉛不足は、その食生活の変化によるものが大きいようです。

亜鉛不足になるほど食生活が変わってしまうことは、体に別の問題があって食欲の減退を起こしている可能性が否定できません。

つまり、普通に食欲が衰えない生活している場合においては、加齢による心配もさほどないのかもしれません。

もちろん、亜鉛不足が高齢時の失明の原因になるという知識だけは持っていたほうがいいでしょう。

img_vb

視力回復にいい「ビタミンB2」を含む食べ物

●視力回復にいい「ビタミンB2」を含む食べ物

ビタミンB2は、リボフラビンと呼ばれて、白内障などに有効だそうです。

もちろん、眼の健康、そして視力回復にも総合的には有効と考えられます。

このビタミンB2ですが、動物からの食べ物に多く含まれます。

具体的には、うなぎやレバーなどの”濃い”食べ物に多いようです。

それ以外には、鳥の卵やキャビアなどの卵類にも多いようですが、こちらも”濃い”ですね。

ともに、高カロリーの食べ物ですので、食事制限などをされている場合などは、食べ物から摂るよりはサプリメントの方がいいかもしれません。

ある意味当たり前の話ですが、ビタミンB2だけが含まれている食べ物はありません。

ビタミンB群というのは、相互作用があるため複数のB群を一緒に取るほうが効果があります。

食べ物から摂っている場合は、問題ないのですが、サプリメントで取る場合は多少注意が必要になります。

ビタミンB2は、摂り過ぎても問題がないと言われていますが、やはり過度の摂取は気になりますからサプリメントの場合のみ注意ですね。

ちなみにビタミンB2は、植物からは効果的には摂りにくいようですので、ベジタリアンは不足しがちな栄養素になるようです。

ただ、魚は大丈夫という場合は、青魚にも多く含まれています。

体にいい栄養素がたくさん含まれる青魚というのは、本当にすばらしい食べ物だと思います。

白内障などの眼にいいので視力回復ですが、それ以外にも脂性の頭や唇のひび割れなどにもいいという話です。

脂性の頭にいいっていうのは、脂っぽい食べ物に含まれているのが多いのに意外ですね。